活性酸素を抑制するサントリーのグルコサミン|関節がスムーズに動く

糖尿病の予防と改善

赤い錠剤

糖尿病は、その予備軍も含めると日本人の5人に1人は該当する、大変身近な病気です。症状が進むと、心筋梗塞や脳梗塞、四肢の壊死や失明などの合併症を引き起こす可能性のある重大な病気です。糖尿病の指標は血糖値とヘモグロビンa1cですが、直前の食事に数値が左右されやすい血糖値と異なり、ヘモグロビンa1cは食事の影響を受けにくいため、診断に重要な指標です。糖尿病は完治が難しい一方、初期に適切な措置をとれば進行をおさえることが可能なため、ヘモグロビンa1cが高いと診断された場合は直ちに対応することが大切です。糖尿病の進行を抑える基本は食事療法と運動ですが、完璧にこなすのは難しいため、サプリメントで補助することが効果的です。

ヘモグロビンa1cを下げ、糖尿病に効果的なサプリメントは数多くありますが、特に効果があると言われているのが、田七人参や高麗人参などの漢方、DHA・EPAです。また、最近ではナットーキナーゼにも注目が集まっています。田七人参や高麗人参は、サポニンと呼ばれる、血糖値を下げて正常に戻す働きをする成分が多く含まれています。DHA・EPAは、血液をサラサラにし、血圧を下げる効果があります。また、糖尿病によってリスクの高まる脳梗塞や心筋梗塞の予防にも効果的です。ナットーキナーゼは、納豆に含まれる酵素の一つですが、血栓予防に効果がある他、血液をサラサラにすることで注目を集めています。これらのサプリメントを、医師とも相談をしながら適切に摂取をし、併せて生活習慣改善にも努力することが大切です。